違いはどこに?子供と大人の歯列矯正

>
この記事をシェアする

大人の余裕?

ずっと矯正したかった

前歯が出ていて噛み合わせに不安がある、ガチャ歯で歯磨きがしづらく、すぐに虫歯になってしまうなど、必要な歯列矯正は早くはじめたいものです。
しかし、金銭的な事情や時間的な問題から後回しになって、大人になってから始めることもありますね。
歯並びをきれいにすることは、生えている歯を動かすことになります。
成長が終わって、骨や歯の位置が固定されている大人は、動かすこと自体が難しいとされてきましたが、開始当初は特に痛みや不自由さが強く印象付くようです。
また、歯の並び方で、話し方にも影響が出てきます。
ずっとコンプレックスになっている人もいるようですから、大人になってからでも歯列矯正を始める理由は十分にあります。

見た目の問題

歯列矯正の目的として、生活に支障がある歯並びを矯正するだけでなく、見栄えの問題もあります。
例えば、就職活動や婚活で歯並びがきれいなほうが印象が良い、などです。
ホワイトニングや、昔治療で埋めた銀歯を白いセラミックなどに詰め替えるのと同じ心理ですね。
こういった考え方は子供より大人のほうが多いと思います。
また、そうした理由で矯正をするためには、金銭的にも余裕がないとできませんから、大人になってから始める人も多いですね。
そもそも、子供が歯列矯正を「見た目だけ」の理由ですることは、親の同意がとりにくい場合があります。
自分のお金で、親の許可を得る必要がない大人になってから、自分の判断で歯列矯正を始めることは、自分への良い投資になります。


Copyright © 歯列矯正、大人と子どもの違い. All Rights Reserved.

TOPへ戻る