違いはどこに?子供と大人の歯列矯正

>
この記事をシェアする

どちらにしても必要なこと

矯正前にしておきたい事

スムーズに矯正が進むためには、口の中を健康な状態にしておく必要があります。
矯正には器具が必要になります。
全体的にでも、一部でも、矯正が必要な場合は器具を装着します。
せっかく矯正をはじめても、他の問題で中断すれば、それまでの治療が無駄になることもありますから、虫歯や歯周病などの治療で治るものはしっかりと治しておきましょう。
矯正前の治療が長引くと、矯正がどんどん後回しになってしまいます。
出来るだけ早く取り掛かりたいですね。
これらは歯科医師が矯正前の準備としても、口腔内の健康管理という意味でも、あらかじめ勧められることです。
始める時期も、特に学生さんなどは、矯正器具が見えると恥ずかしいなどの心理的な理由があると思いますので、よく時期を見定めると、ストレスなくはじめられますね。

金銭の面では?

子供でも大人でも、矯正に関する治療費に保険は適用されません。
また、治療にかかる費用は、治療にかかる時間に比例してきます。
長ければ3年、それ以上かかったという例もあるようですから、自分がどのケースに当てはまるのかは見えにくいところ。
子供の場合、顎が未発達のため治療がしやすい、というのが一般的ですが、大人でも体質や歯の生え方によってはスムーズに治療が終了することもあります。
治療だけでなく、通院や調整、検査などの医療費も別途かかりますから、費用には余裕を持っておきたいところです。
ここからここまで、という治療期間がしっかりと決まらないのは仕方のないことですが、費用については相談できる歯医者さんが多いので、情報を集めてみるとよいでしょう。


Copyright © 歯列矯正、大人と子どもの違い. All Rights Reserved.

TOPへ戻る