違いはどこに?子供と大人の歯列矯正

>
この記事をシェアする

矯正に必要な検討事項

歯並びが悪くなる原因

矯正が必要なケースでよく聞くのは、顎が小さかったり歯が大きくて歯が並びきらず、重なってしまう、またはその逆で、歯間が広がって噛みにくい、などという理由です。
また、顎が出ていたり噛み合わせが悪かったりなど、これからも困りそうな症状ですね。
これらは主に遺伝的な理由であることが多く、すぐに治療をはじめても、成長して大人の歯が生え揃った時に、また治療が必要になることもあるようです。
二度手間、とも考えられますが、幼少期に治療していたからできる治療もあります。
その場合、成長を治療の助けとし、活用するという考え方になりますね。
かなり長期的な治療計画になりますが、その間に方針転換をしたり、意外に早く済むこともありますから、根気よく向き合っていきましょう。

早いから良いわけではない

大人になってからの矯正より、子供のうちにやっておいたほうがいい、とよく聞きます。
歯や顎、骨について成長の余地があり、未発達だからできることは確かにあると思いますが、一概には言えないようです。
歯並びが悪くなる原因は、前述の遺伝的なものだけでなく、後天的なものもあります。
指しゃぶりや、食べ物を片方でずっと噛んでいるといったことが原因の場合は、少しずつ歯並びに影響するものもありますので、継続的に医師に検診をお願いするのが安心でしょう。
歯が生え始めてから、フッ素添付や定期健診などでかかりつけの歯医者さんに定期的に通い、歯並びが気になるようであればいつでも質問できる、そんな環境にしておくことが大切です。


Copyright © 歯列矯正、大人と子どもの違い. All Rights Reserved.

TOPへ戻る