歯並びは誰が悪くする?

大人も子供も、口の中の健康が大切ですよね。
私たちは生まれて乳歯が生え始めてからずっと、虫歯や口内炎、歯周病などのあらゆるトラブルに悩まされます。
何かの病気は、予防することで未然に防ぐことができますが、困ってしまうのが歯自体の問題です。
子供で問題になるのは、歯の数が多かったり、逆に少なかったりする数量の問題です。
ごく稀にですが、歯がくっついた状態で生えてくることも。
これらはそれほど多くはないようですが、心配なのが乳歯ではなくその後に生えてくる永久歯です。
必ずしも乳歯と同じ数、同じ形で永久歯が生えてくるとは限りませんが、残念ながらその傾向は強く、影響があると考えるのが普通です。
また歯並びについても、悪いと咀嚼や発語に影響があるだけでなく、場合によっては頭痛を起こしたり顔の輪郭が変わってしまったりと、とても深刻な問題になることもあります。
大人の歯の問題は、やはり歯槽膿漏や歯肉炎などでしょうか。
歯並びが悪いことでこうした症状を誘発するケースもあります。
個々の症状によって、歯列矯正が必要か、治療はどのように行うのが良いかは違ってきます。
それは、矯正の開始時期についても同じです。
子供の頃から始めておいたほうがよい場合と、成長と共に治療の段階を踏んでいく方法、大人になってから始めても問題ない場合など、歯医者さんと一緒に検討していくことが必要です。
大切なのは、子供の頃からそうした可能性を十分考えて検診にきちんと通う事です。

どちらにしても必要なこと

子供でも大人でも、最終的なゴールは「歯並びがきれいになる」ということです。 そのために必要なのが時間とお金です。 また、矯正前に必要な治療を受けたり、情報収集をしたりと、事前にしておかなければならないことはたくさんあります。 しっかりと準備をしておきましょう。

Copyright © 歯列矯正、大人と子どもの違い. All Rights Reserved.

TOPへ戻る